CCC佐賀


by cccjp-saga
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近寒くなってきましたね~
皆様、体調崩したりしていませんか?


さて、連絡が遅くなってしまったのですが、
次回のミーティングのお知らせです。

次回のミーティングは…


日時: 11/8(日) 20:00~

場所: ジョイフル鳥栖中央店



にて、行います!


飛び入り参加も大歓迎ですが、参加できる方はなるべく
事前に吉松の携帯かcccjp.saga@gmail.comまでご連絡ください。


ではでは、今週末にお会いしましょう!


(文  吉松由希)
[PR]
# by cccjp-saga | 2009-11-06 22:08 | ミーティング&議事録&レジメ
こんにちは!実務担当の吉松です。

サミットin大阪の方からイベント告知のお願いを受けましたので、
この場でご紹介させていただきます。


社会起業支援サミットin大阪が盛況に終わったことで
箕面市民人権フォーラム実行委員会事務局から連絡があり、
縁あって協力することになったそうです。

社会起業支援サミットから繋がる輪

これぞまさに、サミット開催の最大の効果ですね♪



では、以下大阪からのイベント告知となります。


****************************************

◆みのお市民人権フォーラム 24th◆
 ~答えはいつも自分の中にある~

★主催:「みのお市民人権フォーラム24th」実行委員会
HP:http://www.geocities.jp/jinkenforum_minoh/program


<概要>
【日時】
2009年12月5日(土) 13:00開場/13:30開演       
2009年12月6日(日) 10:00~16:00(各分科会毎に異なります)    
【場所】
12月5日(土)・・全体会~グリーンホール(市民会館)大ホール       
12月6日(日)・・分科会~市民会館・みのお市民活動センター
        らいとぴあ21・箕面文化・交流センター      
【参加協力費】
全体会・分科会(1分科会分)通し券・・・1000円
分科会(1分科会分)・・・・・・・・・・500円
(18歳以下・障害者市民および高齢者の介護者1人のみ:各無料)

<全体会>
13:00開場・13:30開演
講演 (13:45~) 
フジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006
最優秀賞受賞! 社会起業家
「発展途上国から世界に通用するブランドをつくる」


講師:山口絵理子さん(株式会社マザーハウス代表兼デザイナー)



現在、日本も経済的な格差が益々広がる中、以前に増して様々な歪みやしわ寄せが社会的弱者に集中し、その傾向はマイノリティに対する差別や人権侵害にも、反映されています。
 
そんな中、みのお市民人権フォーラムは、格差社会に生きる一人一人が希望・エンパワメントを身に付け、自分自身に誇りを持って生きることのできる展望や、きっかけづくりとしてのサポートやシステム作りが今の社会に必要であり、そのような社会について考える場をつくることが、私たちの今できることではないかと考えました。

自分を大切にし、人も大切にできるということや、自分の頭で考えたことを自分らしい何かしらの方法で表現できる力。
またその表現を通じて自分に誇りを持つことが出来、自立・自己実現し他者や社会とつながる力。

そんな力や希望を一人一人が持てたら、 差別や貧困を抜け出して、またはその中でも、 自分らしく強く生きていけるのではないか。
そういった社会になれば、と思うのです。

 
そういった背景から、今年の講師として山口絵理子さんをお呼びすることになりました。

 
バングラデシュという発展途上国(経済的格差の底辺と言える最貧国)を第一の拠点として現地のブランドを立ち上げ、且つ社会貢献というステージから距離を置きビジネスとして勝負することで、そこで働く人々の誇りやエンパワメントを真に引き出すことを実践されているマザーハウスの活動(ビジネス)に、非常に魅力を感じたからです。
 
また個人的なことですが、堅いこと抜きに、めちゃ落ち込んでいた時、山口さんご自身の生き方に、私自身がとても元気になりました。(山口さんの著書を読んだ限りですが)
 
「人生は出会いの芸術である」という言葉がありますが、素敵な生き方に出会うことで、自分の人生に、想像力が一つ、また一つ、加わる。
そんな感覚を久しぶりに味わいました。
 
人権や社会起業に興味がある方以外にも、国際貢献や貧困問題・環境開発に興味がある方、それに、最近少し元気がない方、目指す目標があるのに、なんだか頑張れない方、自分の目標に向かってがんばっている方、やりたいことを見つけたい方、ぜひこの機会に、お越しいただけたら嬉しいです。
 

みのお市民居人権フォーラム実行委員会
事務局  中村仁美・新井智愛


<分科会>
HPをご参照ください。

<お申し込み期限>
2009年11月20日(金)

<お申込み方法>
① 本実行委員会の構成団体に所属されている方
参加申込書に必要事項を記入の上、所属団体にご提出していただき、
所属団体にて参加券をお求めください。

② それ以外の方
参加申込書に必要事項をお申し込みの上、下記の実行委員会事務局まで
直接、ご郵送、FAX、またはご持参ください。

★ 参加申込書 の入手方法
実行委員会の構成団体にご所属されている方 : 各団体にお問い合わせください。
それ以外の方 : 箕面市内各公共施設に設置のパンフレットをご入手ください(添付してあります)

上記の方法が困難な方は、下記までご連絡ください


みのお市民人権フォーラム24th実行委員会事務局
〒562-0014
大阪府箕面市萱野2-11-4  NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝
TEL/072-720-6630 FAX/072-720-6623

****************************************

前年度に大阪府堺市で行われた山口さんの講演会には九州や北海道からも足を運んだ方々がいらっしゃったそうです。
今年も、全国から聴講者が集まるのではと予想されております。

興味のある方は、ぜひ行かれてみてください♪
[PR]
# by cccjp-saga | 2009-11-04 00:46 | information
 
こんばんは。 発起人 です。

なんと CCC佐賀に集まった中 9割 鳥栖市民ビックリ013.gif

始まった 2rd キックオフ meeting 022.gif

:今日のおさらい058.gif

NPO(事業型)は ビジネスをしてOK

ボランティアを仕事にしよう!


社会起業や社会事業とは そういうものです。

CCCは そんな情熱持った組織を佐賀県で発掘し、佐賀県で認知度を上げたり

若者の就職活動を斡旋するものです。


今回集まった 大学生や専門学校生は 経済学 法学 保育士など 多岐にわたってます!!


それでいいのです^^

みんな 社会を変えたい!」思ってる方なのです

僕も 哲学科(関係ないですね)卒 で 社会福祉ですから001.gif

さて、 6月に 私 一人で立ち上げた 【社会起業家支援サミット in 佐賀】

今は 7人もの人が集まった。

これからは 唐津青年団の方も 合流する。

僕は 社会教育主事も勉強してたし 日青協でバイト経験も持たせてもらった。

教育と社会福祉 の コラボ を実現したい。



しかし 私には時間がない。


国家資格 【精神保健福祉士】の 受験日は 2010年1月30日。

つまり あと90日 迫っているのです008.gif


そこで 実務を吉松氏に移譲し、私はできる範囲の活動いたします。

つまり CCC佐賀は岩崎と吉松の2TOPで進めていきます。

また CCCは 大学生だけの活動ではありません。

16歳以上の若者すべてに参加資格ある006.gif

そこで私は 千葉 東京 埼玉 で得た情報・ネットワーク・ノウハウを

彼女へ託したり、つないだり行っていきます。

そして、実務となる

渉外 記録 企画 営業 広報 は 彼女をTOPとして

進めていきます。

また私も 国家試験や就職活動が落ち着き次第 それに合流しますよ004.gif


以上が 岩崎 と 吉松の 役割分担です。

またインターネットでの会議が 板についてくれば 私と吉松が引っ張っていきます。


まず 社会起業家支援サミットin 佐賀 として やるべきこと



仲間を得て001.gif、共通認識を持ち045.gif

活動を始めること049.gif



■大学やNPOに訴えかけ 佐賀県の開催地を決めてください!

■今日配布したNPO法人やこれから得るNPO法人へ

 アプローチを初め このイベントに賛同してもらい 参加依頼をすること!

→そのためにはメンバーが【どんな組織なのか】 研究・分析しておくこと。

  (就職活動と一緒ですね)

■そこでこの組織の強み(ストレングス)を見つけ、参加依頼をしてください。


私は今、 国家試験で動けないけど 皆さんならば動けます!

是非この機会、 【佐賀県】について もっと知って 走り回ってくださいね^^



私も多忙ですが 出席できるときは CCC佐賀の会議に顔を出します。


発起人 
[PR]
# by cccjp-saga | 2009-11-01 23:44 | ミーティング&議事録&レジメ
先程、キックオフミーティングから帰ってきました。
ジョイフル鳥栖中央店に7人。
ドリンクもフードもたのまず、ほぼ1時間半私と発起人が話しておりました(笑)


それでは、サクサクっとミーティングの内容をご報告してまいりましょう♪


**********

大まかな流れは次の通りです。

自己紹介ccc佐賀についての説明と現状報告社会起業家についての説明
 → 佐賀県の社会起業家さんの紹介ccc佐賀の活動内容運営スタッフのタスクの説明

これらの内容はミーティング時に配ったレジュメの中にまとめていたので、
ほとんどそれにそくして説明しました。


それでは、細かくみていきましょう。


1.自己紹介
 まず代表発起人の岩崎さんが名刺を配って挨拶をし、そのあとに私が続きました。

 大学生が2人。短大生、専門学校生が1人ずつ。
 そして、社会人の方が1人。

 5人の方がミーティングに集まってくださいました!

 しかも、社会人の方はCSOの活動拠点サポーターをやっていらっしゃる方で、
 佐賀のNPOなどの団体の情報にお詳しい! とても心強いですね♪

 
2.ccc佐賀についての説明と現状報告
 発起人からccc佐賀を発足するにいたった経緯の説明があり、
 現在は私(吉松)を中心にスタッフ集めに奔走していることを伝えました。

 また、基本的にコストはかけず、0円でイベントを開催すること。
 できれば今年中、遅くとも来年の3月中にサミットを開催すること。
 という2点についても確認しました。


3.社会起業家についての説明
 今日の説明で、1番重点を置いていた項目です。
 
 ★従来の寄付金100%による運営ではなく、収益事業を自ら開発している
 
 ★営利があっても、営利優先ではなく、問題解決優先で資金を運用している
 
 ★寄付収入100%でも、コスト・パフォーマンスの良い解決行動を創出している

 ★専従スタッフの生活と同等か、それ以上に社会的弱者を守っている

 ★従来にないユニークな仕組みを作って問題の解決に従事している

 ★これまで放置していた社会的課題にユニークな解決手法で取り組んでいる

 ★団体自身がボランティアや賛助会員など、市民からの支援を求めている

 以上7項目を確認しながら、補足説明を行いました。

 たとえば…

 100%寄付金に頼っていたら、お金の支給が無くなってしまったときに
 活動ができなくなってしまいますよね?
 そうならないように、社会問題を解決しつつ、その解決過程で収益を得る…といった
 新しい枠組みをつくった団体

 活動によって得た収益を、社会問題解決の次の活動に生かしている団体

 たとえ活動資金の100%が寄付だったとしても、資金繰りを上手にしている団体

 そういう団体もしくは個人を社会起業家というんだ ということを確認しました。
 そして、もうひとつ。
 そんな社会起業家の中でも、ボランティアや賛助会員など
 市民からの支援を求めている団体や個人の方にサミットに出演して頂きたい!
 ということも。
 
 
4.佐賀県の社会起業家さんの紹介
 mixiコミュニティ内の佐賀のスレッドにある佐賀の社会起業家一覧に
 その団体の活動ジャンルと拠点をくわえた資料を参考に、
 佐賀の社会起業家さんたちを紹介しました。

 今日参加してくださった社会人の方が、その一覧に載っているほとんどの企業と
 つながりがあるというそうですから、びっくりです!

 また、この方々以外にも地域には多くの社会起業家の皆さんがいらっしゃいます。
 その方たちを見つけ、光を当てるのも私たちの活動なのだという話もしました。


5.ccc佐賀の活動内容
 社会起業家を支援するために必ず行わなければならない6つのミッションをとりあげ、
 活動内容を説明しました。

 ☆サミット当日の本番前に、社会起業家向けに有益なイベント・無料講座を行う

 ☆市民300人に社会起業家が自らの活動と「今欲しい支援」について15分で説明

 ☆当日終了後に市民10人と社会起業家が会場近辺で「カフェ・ミーティング」

 ☆参加した市民300人分の連絡先・人脈などのデータを社会起業家10団体に提供

 ☆新聞、テレビ、雑誌など報道関係者の取材を招き、社会起業家の認知を拡大

 ☆社会起業家へのインタビュー記事をブログで紹介し、サミットのプレゼンを撮影した映像を
  Youtubeなどの動画共有サイトにアップして広報を支援

 この6つを達成するべく、私たちは活動していくわけです。


6.運営スタッフのタスクの説明
 上記の6つのミッションを行うために、スタッフにはそれぞれタスク(業務)があります。
 大きく5つにわかれるそのタスクを紹介し、どのタスクに興味があるか?
 という話をしました。
 
 少し前のブログにも書きましたが、スタッフのタスクには

 □広報&IT
 □渉外
 □記録
 □当日運営
 □企画・営業・経理


 の5つがあります。 (※詳しくは10月25日の記事へ)

 
 「リストにあったこの社会起業家さんと話してみたいから、渉外をやりたい」

 「ふだんは忙しくてあまり活動に参加できないから、当日運営だけ参加したい」

 
 などなど…
 
 皆さん自分の生活スタイルや忙しさを考えて、できることを探してくれました。


**********

今回のミーティングでは、詳しい係割りなどは決めることができませんでしたが、
それはもう少しメンバーが集まってからでもいいかなと思っています。

次回のミーティングでは、それぞれスタッフを一人ずつ探してくることを目標にしました。
これで、メンバーは倍になります♪

また、大学内外でのスタッフ集めにも精を出していきます!

今週の金曜日には、西南学院大の某教授のゼミ内で
プレゼンをさせていただくことになっていますし、
土曜日には佐賀市内の方でプレゼンをさせていただけることになりました!


ccc佐賀も確実に動き始めています!a0129478_1916149.jpg


今日スタッフとして参加してくださった皆さん!
自分の負担にならない程度で大丈夫です!
皆で佐賀を盛り上げていきましょう!!


まだ見ぬスタッフの皆さん!
一緒に、佐賀を盛り上げていきましょう!!           (文・写真  吉松由希)
[PR]
# by cccjp-saga | 2009-11-01 19:34 | ミーティング&議事録&レジメ

とうとう明日!

第2回キックオフミーティングがとうとう明日に迫ってきました!
現在、急ピッチで明日のレジュメを製作中です。


実は一昨日(10/29)、発起人の岩崎さんと打ち合わせを行いました。
場所は、キックオフミーティングの会場と同じジョイフル鳥栖中央店。
下見…というには知りすぎているこの場所で、夕飯を食べながらの打ち合わせ。

岩崎さんのフリースクールに対する情熱に感動し、
その知識量に驚かされながら、社会起業家のこと、
日曜日のことについてしっかりと聞いてきました!

それでは、一昨日のミーティングの内容を、ご紹介します♪

**********a0129478_1064996.jpg

1.どのくらいの人が集まる予定なのか。
  また、集まってくれる人たちの所属大学や学部、学年を確認。

 学年によっては、就職活動や何やかやで動きに制限が出てくる可能性が
 ありますから、そこを確認する必要があったわけです。


2.社会起業というものがどういうものなのかという詳しい説明
 
 「社会起業支援サミット2009 運営マニュアル」の中に、社会起業家の線引きが書かれた
 箇所があったのを覚えていますか?

 ★従来の寄付金100%による運営ではなく、収益事業を自ら開発している
 ★営利があっても、営利優先ではなく、問題解決優先で資金を運用している
 ★寄付収入100%でも、コスト・パフォーマンスの良い解決行動を創出している
 ★専従スタッフの生活と同等か、それ以上に社会的弱者を守っている
 ★従来にないユニークな仕組みを作って問題の解決に従事している
 ★これまで放置していた社会的課題にユニークな解決手法で取り組んでいる
 ★団体自身がボランティアや賛助会員など、市民からの支援を求めている

 という部分です。
 この項目一つ一つについて説明を受けました。
 この時に受けた説明は、明日のレジュメに反映させます。お楽しみに♪


3.これからの活動について

 日曜日のミーティングから本格的に活動していくわけですが、
 では、これからまず何をすればいいのか?
 疑問に思うところですよね。

 ・メンバー集め
 ・やらなければならないことの共有
 ・週一のミーティング

 まずは、この3つをやっていかなければいけないという話になりました。

 サミット in佐賀は、まだまだメンバーが少ないですし、
 新メンバーが入れば、その人とも情報の共有が必要です。
 そのためには、ミーティングが必要。
 
 しかし、我々大学生も忙しい身。そうそう皆で集まるということもできません。
 なので、週一回のミーティングのほかはネット上でのやり取りを通じて
 サミット in佐賀を作っていこうと思います。

 
 そのほかの細かい活動については、すでにサミットの開催を終えている
 各県のスタッフのに話を聞き、参考にしていくということになりました。
 幸い、私が通う西南学院にサミット in福岡のスタッフさんがいらっしゃるので、
 いろいろと話を聞けたらと思っています。

 
 また、場所の確保やメンバー集めのために大学の教授を巻き込んでいく
 という話もしました。
 教授が乗り気になってくだされば、話がトントン拍子に進む場合もあるわけです♪ 
 実際、宮崎県では教授がそのゼミ生に声をかけて、サミット in宮崎 を運営中です。
 
 
**********

とりあえず、こんなところでしょうか。


大学生には大学生の、社会人には社会人のネットワークや知識があります。
それを駆使して、共有して、協力して、サミット in佐賀 をつくっていきましょう!

明日、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております♪



(文・写真 吉松由希)
[PR]
# by cccjp-saga | 2009-10-31 10:08 | ミーティング&議事録&レジメ